ひまわり書道教室は斧薫風(おのくんぷう)により1971年に創立しました。

53年目を迎えた現在も4歳~80歳の

生徒が書の勉強を熱心に楽しく学んでいます。

薫風先生の恩師である深山龍洞氏

(一東書道会創立者)より

子どもが明るく書を楽しめる教室になるよう

ひまわり」命名して下さったと

薫風先生から聞いております。

又人としてどうあるべきかを

日本独自の行儀作法を養いながら

文字教育を通して、人格形成をしてゆくのが

真の書道の先生あると

恩師坂口靈洞先生から教わりました。

私はその重要性を常に心に留め

32年指導しております。


『教える事は教わる事』

理想は記憶に残る師です。

 

ひまわり書道教室創業者
 斧薫風(おのくんぷう)

深山龍洞

 一東書道会創設者

 日展内閣総理大臣賞受賞より

 かな・漢字・硬筆師範授与

 

師事

 深山龍洞

 井茂圭洞

 

ひまわり書道教室代表

 斧 玉蘭(おのぎょくらん)

 

井茂圭洞

  (一東書道会会長・文化功労者)より

  かな・漢字・硬筆 師範授与

 硬筆書写技能検定1級

 

師事

 坂口霊洞(読売書法会理事・日本書芸院評議員)

    菅野清峯

深山龍洞先生作品

 ひまわり書道教室創業者

 斧薫風先生作品

なんとなく今年はよいことある

ことし元日の朝はれてかぜなし 

                (石川啄木

<万葉集>

      あおによしならのみやこは咲く花のにおうが

ごとく今まさかりなり

                                              小野老

      月よみ(つくよみ)の光に来ませあしひきの

たて遠からなくに

                                     湯原王

        こもりくのはつせの山の山のまにいさよふ雲は

 (いも)にかもあらむ

                            柿本人麻呂

あさみどりすみわたる大空のひろき

おのがこころともがな

 

         (明治天皇御製)


ひまわり書道教室代表

斧玉蘭作品

《ひまわり書道教室理念》

やって見せ 言って聞かせて

させて見て 褒めてやらねば

人は動かじ (山本五十六の言葉)

十億の人に十億の母あらむも

わが母に勝る母ありなむや

 (暁烏敏)

西郷隆盛 漢詩

平家物語

百人一首

関戸本古今和歌集

徒然草 第百六十七

 

 一道にも誠に長じぬる人は

自ら明らかにその非を知る故に

志 常に満たずして終(つい)に

物にほこる事なし

須磨寺やふかぬふえきく木下闇

    松尾芭蕉 

身 心 脱 落 (禅僧道元)

あらゆる自我意識をすててしまうこと


  切 磋 琢 磨 

  学問・人徳に励む。同じ志を持つ人が

  互いに磨き合う

人の一生は重き荷を負いて

遠き道を行くがごとし

急ぐべからず 

不自由を常と思えば不足なし

 (徳川家康の遺訓)

般若心経  集空海

僕は悲しみに喜びを見出す

悲しみは笑いに勝る

天使は悲しむ者の近くにいる

 

映画

『永遠の門- ゴッホの見た未来』より

運命と婚姻して自分の敗北から

一つの勝利を作り上げた

(交響曲第5)

   ロマン・ロラン 

  ベートーヴェンの生涯より

無常

万物は流転する。

あらゆる物が無常である。